本文へスキップ

透明樹脂レジンアクセサリーの作り方などをご紹介!

お問い合わせは mail-in-egg☆tamago-penguin.com (☆を@に変えて送信して下さい)

レジン(透明樹脂)の作り方HOW To MAKE RESIN

「レジン」って、そもそも何?


「レジン」の基本材料・道具セット
    
「レジン」を作るうえで、
必要となる材料、道具などを、ここでは説明していきます。

基本的なものだけでも揃えてしまえば、
あとは、いろいろと応用が可能です。

たまごペンギンがオススメのものを
一覧にしてみましたので、
ぜひお役立てください。


「レジン」材料

・レジン(エポキシ樹脂)
  まずは、これがないと「レジン」は作れません(^o^)
  下の写真を参考に、いずれか1種類を手にれてみて下さい。

   
 デブコンET 
比較的、気泡が出来にくく、透明感のある作品をつくることができます。
値段は若干高めですが、作品の完成度を上げることができます。
「プロクリスタル770」
 高透明エポキシ樹脂
少量でレジンを試してみたいという方、「デブコン」では臭いがきつ過ぎるという方にオススメ。
透明感のある、素敵な作品を作ることが出来ます。
   
 調味料入れ
上記のデブコンを使用する場合、
液を注ぐときにこぼれやすい容器なので、
100円均一などで売られている調味料入れに移し替えると、
注ぎやすくて便利です。
その際、くれぐれも、A液とB液を間違えないようにご注意を!
 



「レジン」道具

   
デジタルスケール
0.1グラム単位で測れるものがあれば、
正確に計量でき、便利です。
レジンを入れるカップ
注ぎ口のあるものがあれば、便利。
なければ、大きめのシリコンカップや、
使い捨てで紙コップなどでも可。
   
 撹拌棒
これで、レジンをしっかりと混ぜ合わせます。
竹串
気泡ができてしまったときに、気泡を潰したり  すくい取ったりします。つまようじでも可。
   
ビニール手袋
レジンで手が汚れないように使います。
レジンが手につくと、ベトベトします。
 スポイト
レジンを流し込み過ぎたときなどに、
使用します。
   
 化粧品用スポイド
化粧品やオーデコロンを移し替えるときに使われるものです。ミール皿などへ少量ずつ流し込むときなどに使用します。
トレー
作業スペースがレジンで汚れないように、またミール皿など  を移動しやすいようにするためのトレー。
ワッフルの空き箱(上記写真)や、お寿司の空きトレーだと、透明の蓋が付いているので、埃よけになり、中身確認もそのまま出来て気に入っています。
もちろん、汚れて気にならないトレーであれば、何でも可。



レジンに色付けをする場合に必要なもの

   
 エナメル塗料
写真に写っているのは、タミヤカラーのクリアレッド、
クリアグリーン、クリアイエロー、クリアブルー。
 樹脂専用着色剤
  樹脂専用でキレイに色づけができます。
  樹脂に0.5〜10%入れて、使用します。
   
 シリコンカップ
色付けをするレジンだけを取り分けて、
作業するのに便利です。シリコンなので、
レジンが硬化すれば、余ったレジンも簡単に剥がれて、
何度でも使えます。
 



以上、基本の道具が揃ったら、
続いて、いよいよ、何にレジンを注ぐのか、考えていきましょう☆


レジンの作り方 目次へ


たまごペンギン工房情報工房情報



<たまごペンギン工房>

現在、透明樹脂(レジン)作品などを
作成中です!
工房は、横浜にあります。

ご質問などあれば、
お気軽にメールでお問合せ下さい。

Mailアドレス:
mail-in-egg☆☆☆tamago-penguin.com
(☆☆☆を@に変えて、
送信して下さい)