本文へスキップ

透明樹脂レジンアクセサリーの作り方などをご紹介!

お問い合わせは mail-in-egg☆tamago-penguin.com (☆を@に変えて送信して下さい)

レジン(透明樹脂)の作り方HOW To MAKE RESIN

「UVレジン」って、そもそも何?


「UVレジン」の魅力とは?
    

「UVレジン」は、紫外線に当てることで固まる透明樹脂のことですが、
「UVレジン」の最大の魅力は、「レジンの硬化スピードがが早い」ということです。

作業の時間短縮はもちろん、その性質をうまく利用すれば、
作れる「レジンアクセサリーの幅」も大きく広がります。


「UVレジン」で使える素材が増える!


例えば、下の写真のような「金属の枠」。



通常の2液混合レジンであれば、
硬化を待っているうちに、枠からレジンが流れ出て、「決壊」が起こりますが、
「UVレジン」の場合は、流れ出る前に固めてしまえば、問題ありません(^o^)



「UVレジン」で「遠近感」もカンタンに表現できる!

さらに、手前と奥側とで、パーツを入れる場所に、
若干の距離の差を出したいときにも、
少量の「UVレジン」を入れては固め、
パーツを入れた後、さらに「UVレジン」を入れては固め・・・・
という工程を繰り返せば、「遠近感」「奥行き感」を出す作業も、
とても簡単に出来てしまいます☆



リボンやパーツを乗せる層を、若干ずらして配置しています↑

他にも、「UVレジン」に着色をして、たくさんの層を作ってみるのも、
面白いかもしれません☆



「UVレジン」☆にじみの失敗の確率も減ります!

「レジン」と言えば、やはり紙や布の「にじみ」が出てしまって、
素材本来の色味を活かせないという失敗が、よく起こりがちです。

なぜならば、しっかりと紙素材・布素材をコーティングしていても、
わずかな隙間からレジン液が入り込んでしまうと、
すぐに染みてしまっていたからです。

けれど、「UVレジン」は「硬化スピード」が早いので、
レジンが染みる前に固めてしまえば、失敗の確率は格段に減ります☆

基本のコーティングさえしっかり行っていれば、
初心者にも簡単に、きれいなレジン作品を作ることが出来やすいのです。



布もきれいにレジン作品に活用することが出来ます☆


「UVレジン」☆気泡が少なくなります!

2液混合タイプの樹脂でレジンを作る人たちにとって、
大きな悩みの種、「気泡」。


「気泡」を楊枝で潰せど、取り除けど、
次々に時間差で出てきてしまうので、
その処理が結構大変でした!

けれど、「UVレジン」は、たとえ気泡が出来てたとしても、
固まる前に潰して、きれいにさえしておけば、
そのきれいな状態で、短時間で硬化させることができ、
結果として、「気泡」はほとんど出来ません。

これは、「UVレジン」を使っていて、本当に嬉しい点です(^o^)


使ってみよう!「UVレジン」☆


今、ご紹介した以外にも、「UVレジン」の魅力は、
たくさんあることと思います。

ぜひ、いろんな作品にチャレンジしてみて下さい☆
たまごペンギンも、只今、「UVレジン」はまっています(^o^)



〜追記〜

「UVレジン」のデメリットをあえて言えば、
2液混合タイプのレジンに比べ、コストが若干かかることでしょうか。

大量に作っていると、あっという間にUVレジンが
切れてしまいます(>_<)

なので、通常の「レジン」と、「UVレジン」をうまく使い分けて
利用するのがオススメです☆


※レジン資材などは、
「たまごペンギン工房 WEB SHOP」でも扱ってます。
よかったら、ショップも覗いてみて下さい↓






レジンの作り方 目次へ


たまごペンギン工房情報工房情報



<たまごペンギン工房>

現在、透明樹脂(レジン)作品などを
作成中です!
工房は、横浜にあります。

ご質問などあれば、
お気軽にメールでお問合せ下さい。

Mailアドレス:
mail-in-egg☆☆☆tamago-penguin.com
(☆☆☆を@に変えて、
送信して下さい)